この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

枝豆栽培で土を寄せるメリットとは?やり方や最適な時期について。

枝豆の育て方

枝豆を栽培する上で、なぜ土寄せする必要があるのでしょうか?
どんな理由があるのでしょう。

土を寄せることの重要性を理解すれば、もっと良い成果を得ることができます。

この記事では、土寄せの目的について説明していきます。

また、枝豆に土を寄せる際の具体的な場所や方法についてもお話しします。
どのくらい土を盛ればいいのか、そのポイントについても解説します。

土を寄せるのに最適なタイミングというのもあります。
いつ行うと良いのか、その目安についてもご説明します。

私は自分で枝豆を育てた経験があり、今もその栽培を続けています。

その経験を活かして、役立つ情報を皆さんにお届けしたいと思います。ぜひ最後まで読んでくださいね。

枝豆栽培での土寄せの大切さとメリット

枝豆を育てるときに、土寄せをする主な理由は次のとおりです。

①苗がまだ小さい時に土寄せをすることで、植物の活動が活発になる効果がある。

また、最初に土寄せをした後、枝豆の苗がさらに大きくなった時に再び土寄せをすることになるのですが、その理由は

②枝豆の苗が倒れるのを防ぐため

です。

枝豆の苗には2回の土寄せがおすすめされています。

最初の土寄せ(①)は、苗が小さい時に行います。

この時、子葉のすぐ下まで土を盛ると良いでしょう。
これにより、不安定な時期に枝豆がよりよく伸びるのを助けることができます。

枝豆は土に埋まった茎から新しい根を生やす習性があるので、こうすることで根をしっかり地中に広がり、順調に大きくなることができます。
(時々、埋まっていない茎からも根が生えることがあります)

枝豆を育てる次の段階(②)では、植物が大きくなり、風などの影響で倒れやすくなることがあります。
この状況を避けるために、もう一度土寄せを行います。

この時、子葉が土に覆われることもありますが、それは問題ありません。

土に覆われた部分から新しい根が生えるため、植物はより強くなり、倒れにくくなります。

収穫時期が近づくころに植物が倒れると、修復は難しくなります。

茎が折れた場合は、テープで固定して回復させることもできますが、そもそも倒れないように予防策を講じることが大切です。

枝豆の土寄せでの適切な土の盛り方とそのポイント

枝豆の土寄せをする時の、土の盛り方についてご説明します。

最初の土寄せでは、子葉がちょうど隠れるくらいまで土を盛ります。

プランターやポットにスペースが十分ある場合は、土を追加して子葉がほんの少し見えるくらいまで高くするのが理想です。

二回目の土寄せは、子葉も含めて土で覆います

具体的には、最初の本葉が見えなくなるギリギリまで土を盛るのが良いでしょう。

ただし、植物の節間が長く伸びてしまうと、土寄せが難しくなることがあります。この場合は、無理をせずにできる範囲で土寄せをすることが大切です。

また、枝豆の苗が不必要に伸びてしまった場合、子葉を土にぎりぎりまで埋めることで、伸びすぎた苗を改善する効果もあります。

徒長は気象条件などによって起こるもので、徒長したからといって世話が足りないわけではなく、ある種の偶然とも言えます。

とにかく、土寄せを上手く使って、枝豆の栽培を進めましょう。

枝豆の土寄せの最適な時期と判断基準

枝豆の苗に土寄せをする最適な時期について説明します。

最初の土寄せをする適切なタイミングは、苗が約10cmの高さになった時です
(苗の根元から頂部までを測ります)

この時点で、一回目の土寄せを行います。

子葉がちょうど土の上に見えるくらいまで土を足したり、根元に土を寄せます。

初回の土寄せ時に、苗が過度に伸びている場合は、私も経験がありますが、植物を慎重に土から取り出し、根を傷つけないように気を付けて再植えします。
この方法で、子葉が完全に土に覆われるように深植えし、土寄せを行います。

二回目の土寄せをするタイミングは、枝豆の草丈が約30cmになった時です。
このタイミングで土寄せをするのがベストです。

草丈が20cmから30cmの間であれば土寄せをすることができ、この範囲内で判断します。

枝豆の苗は大きくなるのが早いので、少し早めに土寄せをしても大丈夫です。

室内で栽培している場合、風による倒れるリスクは少ないかもしれませんが、それでも土寄せをすることがおすすめです。

枝豆の土寄せのメリットや方法まとめ

枝豆の土寄せは、苗の進展のサポートと、植物が倒れるを防ぐのが主な目的です。

ということで、土寄せは2回行うのが良く、それぞれ異なる効果があります。

最初の土寄せでは、子葉のすぐ下まで土を盛ります。
この時点では子葉を完全に埋めることはありませんが、苗の伸びを促します。

2回目の土寄せでは子葉を土に覆います。
土に覆われた茎から新しい根が生え、植物が倒れにくくなります。

穫時に植物が倒れると、豊富な実が無駄になってしまいます。

土寄せをした植物を横から見ると、山状に盛られた土の中から枝豆の株が生えているのが正しい状態です。

土寄せのタイミングは、最初は草丈が10cmになった時、2回目は草丈が30cmになった時に行います。

ベランダなどで栽培する場合は、風による倒れるリスクを考慮してしっかり土寄せをし、美味しい枝豆を収穫しましょう。

タイトルとURLをコピーしました