この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

枝豆のおすすめ品種は?早生と晩生の枝豆で特に美味しいのはどれ?

枝豆の育て方

どんな枝豆の品種が美味しいのか、選び方に迷うことはありますよね。

特に自分で栽培するなら、味も良く育てやすい品種を選びたいものです。
この記事では、美味しくて実が大きく、栽培しやすい枝豆の品種について紹介します。

枝豆の品種は種まきの時期によって、早生、中生、晩生に分かれます。

特に栽培しやすく人気なのは早生品種ですが、ここではその中でもお勧めの品種を詳しくご紹介します。

また、遅めの種まきでも栽培できる、美味しい晩生品種についてもお伝えします。

自家栽培キットを使った枝豆栽培の経験があり、今も続けている私が、その経験に基づいて情報をお届けします。ぜひ最後までご覧ください。

おすすめの枝豆の品種!どの種類が人気?

スーパーマーケットなどでよく見かける人気の枝豆品種「湯あがり娘」は、その名前の知名度と味で人気がありますね。

自宅で栽培する際は、育てやすさと美味しさを重視して品種を選んでみましょう。

栽培のしやすさを判断する基準として、早生種、中生種、晩生種の区分があります。

これは種まきから収穫までの期間で分けられ、短期間で収穫できる品種ほど栽培がしやすいです。
例えば、早生種は約60~75日で収穫できますし、対して晩生種は約120日で収穫となります。

私がおすすめしたい品種は以下の通りです。

早生種なら「サッポロミドリ」
中生種なら「福獅子」
晩生種なら「獅子王」

それぞれの品種について詳しく見てみましょう。

早く収穫可能な枝豆「サッポロミドリ」はおすすめの早生種

枝豆の中で特におすすめの早生種として「サッポロミドリ」があります

この品種名に「サッポロ」という地名が入っていますが、実は全国どこでも栽培が可能です。

「サッポロミドリ」は通常の早生種よりもさらに早く収穫できる「極早生」に属しています。
枝豆にも温州ミカンのように早く収穫できる品種があるのです。

この品種の特徴は、大きな豆と濃い緑色の見た目、食感の良さ、そしてクセのない味わいです。
また、強い草勢と頑丈さもこの品種の特徴で、収穫の早さも魅力的です。

これらの特長から、「サッポロミドリ」は長く愛される枝豆の定番品種となっています。

自宅で枝豆を栽培する際には、こんな品種を選んでみるのがおすすめです。

早生種の種まきに最適な時期は、4月から5月のゴールデンウィークまでです。

この時期を逃したり、早生種と中生種を両方栽培して枝豆の収穫期間を延ばしたい方には、中生種「福獅子」がおすすめです。

「福獅子」の種まきは5月中旬から6月中旬に最適で、約85日後に収穫できます。

この品種は高温に強く、大粒の豆を多く実らせることが可能です。

加えて、中早生種「とびきり」もおすすめの品種です。

中間地では4月中旬から6月中旬に種まきができ、収穫量が多いのが特徴です。

サカタのタネのホームページを調べてみると

・収量性が高く、3粒莢の割合も多い
・立性で倒伏に強く、高温下でも安定して莢をつける
・小葉で葉が少ないため、栽培しやすい

との説明があります。

晩生種枝豆のイチオシ「獅子王」は大粒で深緑色

晩生種の枝豆の中でも、特におすすめの品種が「獅子王」です。

この品種は生育に約120日を要しますが、その甲斐あって大きくて濃い緑色の美味しい豆がたくさん収穫できます。

「福獅子」を植える最適な時期は地域によって異なります。

冷涼地では6月半ばから7月初め、
中間地では7月を通して、
そして温暖地では、7月半ばから8月半ばが適しています。

この晩生種を4月に植えると、葉が過剰に生い茂る”過繁茂”という状態が発生しやすく、それが花やさやの成長に悪影響を及ぼすことがあります。

そのため、種をまくタイミングは重要です。

一方、早生種の枝豆を7月や8月に種まきすると、高温で弱ってしまうことがあります。この時期は高温により、早生種が高温障害を受けやすくなります。

こうなると、つぼみはできても花が咲かず落ちてしまうことがあり、結果として豆がほとんどならない状況になることもあります。

大切なのは、すべての農作業には最適なタイミングがあるということです。

作業をスムーズに進めるためには、人間の都合よりも植物の生育サイクルに合わせることが重要です。

枝豆のおすすめ品種まとめ

美味しい枝豆の品種の中でも、4月から5月のゴールデンウィークまでに種まき可能で、短期間で育てやすく、大粒で味も良い品種として、極早生種の「サッポロミドリ」が特におすすめです。

ゴールデンウィークを過ぎて種まきを行う場合や、早生種よりも少し遅れての種まきで収穫期間を延ばしたい方には、中生種の「福獅子」が適していると言えます。

晩生種の枝豆栽培に挑戦する場合は、6月半ばから7月半ばの間に種まきが可能な、濃い緑色で大粒の美味しい「獅子王」がおすすめです。

ただし、7月半ばを過ぎると霜の時期に間に合わなくなるので、種まきの最終期限は7月半ばまでとなります。

枝豆は低温に弱く、10℃以下で成長が止まることが知られています。

季節に合った枝豆の品種を選び、上手に栽培することが大切です。

タイトルとURLをコピーしました