この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

枝豆苗が細長くひょろひょろなのは徒長している!適切なケア方法は?

枝豆の育て方

枝豆の苗が発芽し、大きくなるのは嬉しいことですが、時には茎が細く、長く伸びすぎてしまうことがあります。このような苗をどのように扱うべきかを、この記事で解説します。

この細長い状態は「徒長」と呼ばれる現象です。

徒長によってどのような問題が起こるのか、また、徒長した枝豆の苗をどうやって元の状態に戻すことができるのかについて、ご説明します。
徒長を改善するための効果的な方法がいくつかありますので、それらも紹介します。

私自身も枝豆の栽培キットを使って枝豆を育てており、その経験から得た知識をこの記事で共有したいと思います。
役立つ情報をお伝えしたいと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

枝豆の苗がひょろひょろ?細長くなる理由とその対処法

枝豆の苗がひょろひょろと細長くなる主な理由は、発芽後に十分な日光を受けられず、草丈が一方的に伸びることです。
茎が細く、少し曲がることもあります。

私も枝豆の栽培キットを使った際、この問題に直面し、原因と対策を調べました。

この状態を放置すると、草丈や葉っぱだけがの異常に育ってしまって、大事な花や実が育たない問題が生じます。

特に梅雨の期間にはこの現象が起こりやすいです。
天候による影響が大きいため、必ずしも栽培方法の問題ではありません。

予防は難しいかもしれませんが、適切な対処をすれば、収穫できない状況を防ぐことができます。

枝豆の苗が細長い理由は「徒長」その特徴とは?

枝豆の苗が細長くなるのは「徒長(とちょう)」という現象が原因です。

「ひょろひょろ」と表現されるこの状態は、節間(葉と葉の間の茎の部分)の長さで判断されます。
通常の苗、節間の長さは大体3センチ程度です。

茎の外観も重要で、それがしっかりしているか、細く弱々しいかで判断します。

特に梅雨の季節に徒長が起こりやすいのは、高温多湿で日光が不足するためです。
この現象は日本の気候によるものなので、避けるのが難しい面もあります。

徒長した苗を放置すると、草丈が高くなり風で茎が折れたり、植物が倒れるリスクが高まります。

したがって、徒長した苗には適切な処置を施すことが大切ですね。

徒長した枝豆苗を回復させるための土寄せ

徒長した枝豆の苗を元の状態に戻す方法として、土寄せが有効です

私は徒長してしまった枝豆の苗を、深植えする方法を試しました。

まず、タンブラー型のポットで育てていた苗の周りをスプーンで慎重に掘り始め、根を傷つけないようにしました。

土を掘りながら苗を少しずつ持ち上げていきましたが、簡単には抜けませんでした。

最終的に苗を抜くことに成功しましたが、ポットの底には切れた太い根が見えました。根はすでにポットの底まで伸びていたのです。

枯れるリスクを承知で、苗を子葉が出るギリギリの深さまで再び土に埋めました。その後の枝豆の苗は、幸い枯れずに生き延びました。

また、次にご紹介する方法は、徒長した枝豆の苗の回復に役立つ「摘心断根栽培」です。

この方法では、発芽した苗の根と子葉の上部をカットし、その部分を土に植え直して水やりを行います。

「カットした後、苗は枯れてしまうのでは?」と心配されるかもしれませんが、実際には子葉の側面から新たな脇芽が発生し、それらが新しく主要な枝として展開します。

また、根もカットされても再び活動する能力があります。

この栽培方法は、徒長した苗を元に戻すのに有効なんです。

徒長した枝豆の苗の回復方法まとめ

枝豆の苗がひょろひょろに細長くなる主な原因は、発芽後の日照不足です。
これにより、茎が異常に伸び、花や実がつかなくなります。

この細長い状態は「徒長」と呼ばれ、徒長していない苗では節間の長さが約3センチです。

特に梅雨時期は徒長しやすく、風による植物の損傷のリスクが高まりますが、この状態は天候に依存するため、予防はなかなか難しいです。

それでも、徒長した苗を元に戻す方法はあります。

一つ目は、子葉が出る直前まで苗を土に深く埋め、茎から根を生やして安定させる方法です。

二つ目は、苗の根と子葉の上部をカットし、その部分を土に植え直して水をやる方法です。これにより根の再活動が促され、正常な伸びを支援できます。

徒長を予防するのは難しいので、発生した場合はこれらの対策で対応しましょう。

タイトルとURLをコピーしました