この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

枝豆の種まきのベストタイミングはいつからいつまで?7月に適した品種について

枝豆の育て方

枝豆の最適な種まき期間はいつでしょうか?

実は、これは品種によって変わるんです。

通常、枝豆の発芽にはある程度の気温が必要です。
しかし、それだけではなく、枝豆には早生種、中生種、晩生種など、様々な品種が存在し、それぞれの種まきの適切な時期というのは異なります。

ここでは、各品種が播種できる月を紹介します。

また、7月中旬は枝豆の種まきのの最後のチャンスです。この時期に種を蒔くのに適した品種も合わせてご紹介します。

私はキットを使って枝豆を栽培しており、これまでの経験を活かし、役立つ情報をお届けしたいと思いますので、ぜひ最後までお読みください。

枝豆の理想的な種まきの時期と気温基準は?

枝豆を種まきについて、いつが最適な時期で、どのような気温が発芽に適しているのかをお伝えします。

枝豆は15℃から20℃の気温範囲で発芽可能です。

通常、4月にはこの気温条件を満たすことが多いため、4月を種まきの適切な時期と考えることができます。

しかし、この基準は東京の気候を参考にしているため、地域によっては違いがあることに注意が必要です。
例えば、沖縄のような暖かい地域や北海道のような冷涼な地域では、種をまく時期の調整が必要になります。

そのため、自分の住んでいる地域の気温を確認して、播種計画を立てることが大切です。

また、枝豆が活発に活動するための理想的な気温範囲が存在します。
この温度は20℃から25℃が適しています。

ここでご紹介した気温は、早生(わせ)種の枝豆栽培キットでの一般的な条件に基づいています。

枝豆の品種には、早生(わせ)、中生(なかて)、晩生(おくて)があり、それぞれに適した温度が存在します。

特に中生種と晩生種の場合、発芽に適した気温の上限が少し高い傾向にあります。

ただし、これらの気温は目安に過ぎません。
発芽気温が1℃低かったとしても発芽が完全に阻害されるわけではなく、また1℃高かったとしても、必ずしも枝豆が枯れるわけではありません。

枝豆の栽培において、これらの温度を参考にすることが効果的です。

枝豆の種まきの年間最終期限は?いつまでに蒔けばいい?

枝豆の種まきが可能な期間は、一年を通じてどれぐらいまでかというと、7月中旬が一般的な最終期限とされています。
しかし、品種によってこの期限は変わります。

たとえば、早生種の場合、4月から種まきが始められ、その最終期限は5月のゴールデンウィーク頃までです。

中生種は5月中旬から種まきができて、6月中旬が最終の期限。

晩生種では6月中旬から7月中旬までが播種の最終期限となります。

種をホームセンターで購入する際は、商品の説明をしっかりと読んで、購入する品種が早生種、中生種、または晩生種のいずれであるかを確認しましょう。

また、種をまく適切なタイミングについての説明も見つけることができるはずです。
これらの指示に従って播種することが最も良い方法です。

極端なケースを考えてみましょう。
例えば、晩生種の枝豆を4月に播種した場合、葉は豊かに育つかもしれませんが、肝心の実が収穫できない可能性があります。

これは、すべてのことに「最適な時期」というものがあるという良い例です。

私が使った枝豆栽培キットには早生種が含まれていて、草の丈が約40cmになるという特徴があります。そのため、「陽恵」という品種だと推測しています。この早生種を6月末に播種したところ、細長い苗になりました。

この経験から、栽培する際には人間の都合よりも、植物に適応することの大切さを学びました。
無理な栽培を試みた結果、その重要性を痛感したのです。

枝豆 7月に種まきができる品種は?

7月に種まきが可能な枝豆の品種として「晩生種」があります。

その中で特におすすめなのが、大粒で濃い緑色を持ち、味も良い「獅子王」という品種です。

しかし、種まきするのは7月も中旬までが限界で、それを過ぎると霜による影響を受けるリスクが高まります。

また、最初から黒い色の豆を持つ「丹波黒大粒大豆」(黒豆)も晩生種です。

7月中旬に種を蒔いた場合、通常は11月頃に収穫します。

晩生種は早生種に比べて栽培する期間が長く、難易度も高いため、中級者や上級者向けと言えるでしょう。

栽培しやすい枝豆の品種には、種まきの時期が早く、大きくなるまでの期間が短い(約80日程度)早生種があります。
その中でも、「サッポロミドリ」という早生種は特に人気が高いです。
この品種は美味しく、茎が太くて丈夫で、草丈が低めです。

中生種では、「福獅子」という品種がおすすめです。
種をまいてから約85日で収穫でき、特に高温期にも実付きが良く、豊かな収穫が期待できます。

味を重視する場合は、中早生種の「富貴(ふうき)」もおすすめ★

この品種は食感が良く、高温に強い特性を持ち、大粒で数多くの枝豆を収穫できることが特徴です。

枝豆栽培のまとめ

枝豆の種まきが可能な時期は主に4月から8月までです。

発芽に適した気温は15℃から20℃、
活動しやすい温度範囲は20℃から25℃とされていますが、全ての品種がこの期間中に種まきができるわけではありません。
品種によって最適な蒔く時期が異なるためです。

具体的には、
・早生種は4月から5月のゴールデンウィークまで
・中生種は5月中旬から6月
・晩生種は6月中旬から始めることができ、7月が播種の最終リミット
となります。

例えば、晩生種の種を4月に蒔くとすると、葉は茂るものの実が育たないことがあるので、適切な時期に合った品種を選ぶことが大切です。

7月に種まきできる枝豆の品種としては、「獅子王」がおすすめです。
この品種は濃い緑色の大粒で、味も良いです。

適切な時期に播種し、栽培を行うことで、美味しい枝豆を収穫する喜びを味わうことができます。

タイトルとURLをコピーしました