この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

枝豆の種まき時に鳥の被害を防ぐための不織布活用法!

枝豆の育て方

枝豆の種まきの時、注意すべき点の一つは、鳥に種子の新芽を食べられないよう対策することです。

ハトやカラス、ムクドリなどの鳥類が、人が豆を植える様子を覚えてしまい、枝豆の種が芽を出すタイミングでそれを食べることがあります。

鳥に食べられてしまうと、種を再び蒔かなければいけません。

枝豆栽培で、蒔いた種を含むセルトレイやポットを外に置く場合、鳥から種を守るための対策が求められます。

鳥による種の食害を防ぐには、不織布の使用が有効です。

私は枝豆栽培キットを利用して枝豆を育てており、その経験からの情報をお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

枝豆栽培における鳥害への対策方法と重要なポイント

枝豆を植える際に注意が必要なのは、特にカラス、ハト、ムクドリに若葉や種子を食べられてしまうという被害です。

この問題に対処するには、最初にポットやセルトレイを使用して室内で種を蒔き、苗が大きくなるまで鳥から守る方法が効果的です。

地植えする場合、種を直接地面に蒔くのではなく、ポットで育てた苗を植えることがおすすめです。
地面にじかに蒔くと、後の間引き作業が難しくなる場合もあります。

鳥よけには、CDなどを使うことがあります。
これらは最初は鳥を寄せ付けない効果がありますが、時間が経過すると鳥がそれに慣れてしまい、効果がなくなることが多いです。

したがって、これらのアイテムをわざわざ買う必要はないと思います。

また、プラスチックで作られた偽のカラスのおもちゃを吊るす方法に関しては、ネット上のレビューを見ると、ある程度効果があるとされています。
しかし、種をまく短い期間のためだけにこれを購入するのも どうなのだろうか?と思ってしまいますね…

なお、水耕栽培で枝豆を育てると、鳥害を避けることは可能です。

ただ、個人的な経験では、土での栽培の方が植物が大きくなる環境に適していると感じています。

枝豆の種まきでの鳥対策や種子を安全に育てる方法

枝豆を種まきの際、種を鳥から守る方法として、播種箇所にわらを敷く手段があります。

これは、鳥がわらのようなガサガサとした足元を嫌う性質に基づいています。

わらが手に入らない場合でも、ガサガサとした感触の環境を作ることが効果的です。

例えば、雑草や新聞紙を利用することができます。
新聞紙をくしゃくしゃにして土の上に敷くと、鳥が近づきにくくなります。

太陽光が直接当たらないことで発芽が阻害されるのではないか
という心配があるかもしれませんが、豆類の種子は光を嫌う嫌光性があり、光が届かない方が発芽しやすいです。
したがって、わらで覆うのは問題ないのです。

余談になりますが、嫌光性の種子を持つ植物は通常、種の3倍の深さで種まきされることが多いですが、枝豆の場合、栽培指南書では1センチの深さで蒔くことが推奨されています。

これは枝豆の種が傷みやすいため、浅く植えることで悪くなった種を取り除きやすくするのが目的です。

枝豆を鳥から守るために、不織布を使用して覆う

枝豆の種まき時に鳥から種を守るため方法として、最も効果的で一般的な手法は、不織布や寒冷紗を使って覆うことです。

これにより、鳥が物理的に種に触れることができなくなります。

ポットやプランターで栽培する場合、不織布をかぶせてクリップで固定するのが一般的です。

地植えの際は、種を蒔いた箇所に半円形の支柱を設置し、その上に不織布や寒冷紗をかけて、所々にクリップで留めます。不織布の端を土に埋めて固定する方法も良いでしょう。

不織布の利点は、水やりが可能であり、鳥や虫からの物理的な防御ができる点です。

しかし、苗の確認が難しくなる、作業が煩雑になるなどのデメリットも存在します。

苗のを定期的にチェックし、作業もしやすく、鳥や虫から守れる方法として、開閉式の防鳥・防虫ネットの使用がおすすめです。
市販されている開閉式のネットを選ぶと良いでしょう。

枝豆種まきの際の鳥害対策のポイント

枝豆の種をまくときには、発芽したばかりの若い芽が鳥にとって魅力的な食べ物になることが多いので、これらが鳥に食べられないように、しっかりとした対策を行うことが大切です。
特に枝豆は鳥に非常に好まれるので、対策を怠らないことが重要です。

最もシンプルな鳥害対策は、地面に直接種を蒔かず、ポットで播種し、室内で苗が十分に育つまで守ることです。

鳥は足元がガサガサする感触を嫌うため、豆をまいた場所にわらを敷くことも効果的です。これにより、枝豆の発芽を守ることが可能です。

さらに、不織布や寒冷紗を使って播種地を覆う方法も有用です。
これにより、鳥が物理的に若い芽に接触するのを防ぐことができます。

屋外での栽培でも、鳥に食べられないように適切な対策を行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました